協会の歩み - 一般財団法人社会通信教育協会

88EA94CA8DE092c964090l.png


TEL 03-5815-8432
FAX 03-5815-8433
HOME > 協会の歩み

131.jpg

  gaiyo2.png

昭和22(1947)年

 

 

・「通信教育認定規定」制定(文部省令)。

・国立秋田鉱山専門学校(現在の秋田大学)、冶金学科、採鉱学科が、
 文部省認定第一号となる。

昭和24(1949)年

 

 

・「社会教育法」(法律第207号)公布。

・文部省認定社会通信教育制度が確立。

昭和25(1950)年

 

・「通信教育認定基準」制定(文部省告示)

昭和27(1952)年

 

・社会教育審議会に通信教育分科会が設置。

昭和34(1959)年

 

・財団法人社会通信教育協会が設立される。
 初代会長に赤尾好夫氏(財団法人日本英語教育協会理事長・旺文社社長)が就任。

昭和36(1961)年

 

・文部省助成による「文部省認定社会通信教育 実態調査報告」を刊行。

昭和41(1966)年

 

・文部省・社会通信教育協会 企画でテレビ放送「あなたも特技を」を開始。

昭和44(1969)年

 

・NHKテレビ「生活の知恵・特技あり」で社会通信教育を放送。

昭和52(1977)年

 

・文部省認定社会通信教育30周年記念式典・記念祝賀会。

昭和62(1987)年

 

・文部省認定社会通信教育40周年記念式典・記念祝賀会。

昭和63(1988)年

 

・文部省生涯学習局が新設される。

平成元(1989)年

 

 

 

・第1回全国生涯学習フェスティバル(千葉県)に参加。

・以後、社会通信教育協会のブースで学習相談、広報。

・「まなびの体験」感想文募集。応募総数2,202通。

平成2(1990)年

 

・第2回全国生涯学習フェスティバル(京都府)に参加。

平成3(1991)年

 

 

 

・第3回全国生涯学習フェスティバル(大分県)に参加。

・大分県教育長賞・社会通信教育協会会長賞表彰式。

・以後、生涯学習フェスティバル開催県で教育長賞表彰式。

平成4(1992)年

 

・生涯学習インストラクター資格認証制度を開設。

平成8(1996)年

 

 

・第1回生涯学習インストラクター全国大会を開催。

・文部省認定社会通信教育50周年記念式典・記念祝賀会。

平成10(1998)年

 

・生涯学習インストラクターの会設立 第一号(滋賀県)

平成11(1999)年

 

  ・「学習の成果を幅広く生かす~生涯学習の成果を生かすための方策について~」
 生涯学習審議会答申。
 その第4章 学習の成果を「地域社会の発展」に生かす の項で、
 財団法人社会通信教育協会の「生涯学習インストラクター認定制度」が紹介される。

平成13(2001)年

 

・省庁再編により文部省が文部科学省に。

平成14(2002)年

 

・第1次「まなびの達人・あそびの達人」認証式。認証者は138名。
 同時に、第5回生涯学習インストラクター全国大会を、
 東京都・国立オリンピック記念青少年総合センターで開催。

平成18(2006)年

 

 

・文部科学省・子ども生活リズム向上プロジェクト(早寝早起き朝ごはん国民運動)に協力。

・新教育基本法(法律第120号)公布・施行。

平成19(2007)年

 

 

 

・文部科学省・放課後子どもプラン「放課後子ども教室推進事業」に協力。

・第1回生涯学習推進 標語コンテスト募集を実施。

・文部省認定社会通信教育60周年記念式典・記念祝賀会。

平成21(2009)年

 

 

 

・生涯学習コーディネーター資格認証制度を開設。

・「生涯学習支援実践講座 生涯学習コーディネーター研修」を開講。

平成22(2010)年

 

 

 

 

 

 

 

・第61回文部科学大臣表彰式・祝賀会が開催される。
 第1回表彰から累計で、受賞者13,412名となる。

・第8次「まなびの達人・あそびの達人」認証式。
 第1次認証式から累計で、認証者1,622名となる。

・全国生涯学習フォーラム高知大会に参加。

・高知県教育長賞・社会通信教育協会長賞 表彰式。

・生涯学習インストラクター高知大会・懇親会を開催。

平成23(2011)年

 

 

 

 

 

・3月11日 東日本大震災。

・第62回文部科学大臣表彰者61名決定。表彰式・祝賀会は東日本大震災のため中止。
 第1回表彰から累計で、受賞者13,473名となる。

・第2回生涯学習推進標語コンテスト募集を実施。

・全国生涯学習ネットフォーラム東京2011に協力。

平成24(2012)年

 

 

 

 

 

 

・第63回文部科学大臣表彰式・祝賀会が開催される。
 第1回表彰から累計で受賞者13,537名となる。

・第12回生涯学習インストラクター・コーディネーター全国大会を開催。

・第9次「まなびの達人・あそびの達人」認証式。
 第1次認証式から累計で、認証者1,822名となる。

・生涯学習特別功労賞・生涯学習功労賞 表彰式。

・第3回生涯学習推進標語コンテスト募集を実施。

平成25(2013)年

 

・第64回文部科学大臣表彰式・祝賀会が開催される。
 第1回表彰から累計で受賞者13,581名となる。

・第4回生涯学習推進標語コンテスト募集を実施。

・第13回生涯学習インストラクター・コーディネーター全国大会を開催。

・第10次「まなびの達人・あそびの達人」認証式。
 第1次認証式から累計で、認証者1,976名となる。

平成26(2014)年

 

・第65回文部科学大臣表彰式・祝賀会が開催される。
 第1回表彰から累計で受賞者13,624名となる。


・「生涯学習支援実践講座 生涯学習コーディネーター新支援技法研修」を開講。

平成27(2015)年

 

・第66回文部科学大臣表彰式・祝賀会が開催される。
 第1回表彰から累計で受賞者13,666名となる。

平成28(2016)年

 

・第14回生涯学習インストラクター・コーディネーター全国大会を開催。

・第11次「まなびの達人・あそびの達人」認証式。
 第1次認証式から累計で、認証者2,089名となる。

・第67回文部科学大臣表彰式・祝賀会が開催される。
 第1回表彰から累計で受賞者13,714名となる。

平成29(2017)年

 

・第68回文部科学大臣表彰式・祝賀会が開催される。
 第1回表彰から累計で受賞者13,758名となる。

ページの先頭へ